2016年09月16日

登山・山菜取り時などにおけるクマのリスク回避のために

こんにちは「ぴよ」です。

今年はツキノワグマの出没が多いですね。
ぴよが住む埼玉県も今年は出没情報が多い。
しかも、襲われて怪我をした人もいるようです。
山で出会うと非常に危険です。

そんな中で、クマに戦いを挑み撃退した人もいるようです。
群馬
渓流釣り中クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬
ウィリー・ウィリアムスか!?

青森
黒石の男性、ノコギリでクマ撃退
こちらは三頭VS一人だそうで(^_^;)
いやー、リアル「不死身の杉元」か「不敗の牛山」ですね。

普通の人は倒すことは不可能と思うので、何かしら対処する必要があります。
ただし、クマに出会ってしまったときにしてはいけない行動。

・走って逃げる
 →時速40〜60キロで走るらしい!逃げ切れません。
・死んだふり
 →いわゆる俗説。もてあそばれます。クマは死肉も食べるそうです。
・火をたく
 →クマは驚かないそうです。むしろ寄ってくることも。
・木に登る
 →あなたは木登り得意ですか?クマは木登り得意だそうです。

とはいえ、いきなり目の前に大型獣が出てきたら冷静になれないと思いますけどね。
というわけで、少なからず…
目をそらさず、静かに後ずさる。背を向けない。
ザックを捨てて気をそらせる。
ここら辺は頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。
ぴよも気をつけます。

また、熊鈴を付けておくのも有効だと思います。


大勢の登山者がいる山では鈴はうるさくて迷惑という意見もあります。
まぁ、これは確かに人がいっぱいいればクマも出てこないと思いますしね。
また、熊鈴は効果がないという意見もあります。
が、少なくとも登山者の往来が少ない道では鈴は付けておくべきだと思います。
渓流釣りも同じく。

趣味で死にたくないですからね。
とにもかくにも山遊びは気をつけないとですね。



amazon


楽天
熊!に出会った襲われた その時クマとヒトはどうしたか?超リアルな実録体験談[本/雑誌] / つり人社書籍編集部/編



にほんブログ村


にほんブログ村



posted by ぴよ at 22:40| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: